AGA治療薬として用いられているフィナステリドとミノキシジルについて理解を深めよう

AGA治療薬として発毛効果が認められているのは「フィナステリド」「ミノキシジル」の2つしかありません。日本皮膚科学会によってこれらの成分は「Aランク」に指定されています。またアメリカ食品医薬品局からもこの2つの治療薬は発毛効果があると名言されています。

 

ちなみに、市販されている育毛剤に配合されている有効成分のほとんどは日本皮膚科学界のガイドラインでは「Cランク」ばかりとなっています。

 

そのためAGAクリニックで処方されている治療薬はフィナステリドとミノキシジルの2つになります。それぞれが処方される場合もあれば、一緒に処方されることもあるようです。

 

そこで今回はAGA治療薬の2つの種類となる「フィナステリド」「ミノキシジル」について紹介していきます。あわせて副作用のリスクもチェックしていきましょう。

 

フィナステリド

AGAはテストステロンと5αリダクターゼが結びつくことで生成されるジヒドロテストステロン(DHT)が毛根の毛母細胞にある受容体と結合することでヘアサイクルを乱した結果起こります。

 

フィナステリドは5αリダクターゼの働きを阻害することでDHTが生成されるのを抑制し、AGAの進行をストップさせ、ヘアサイクルを正常化させる働きを持っています。つまりAGA治療において非常に有効な効力を持った成分と言えますね。

 

気になる副作用ですが、こちらは男性機能の低下が挙げられます。しかし発症率自体は被極めて低く、また症状もさほど大きくはありません。服用を中止すればすぐに副作用が治まるのも特徴です。なのでリスクとしてはあまり高くない部類に含まれます。

 

ただしフィナステリドを使用できるのは成人男性のみであり、女性や未成年は絶対に服用してはいけません。

 

ミノキシジル

ミノキシジルは強力な血管拡張作用と毛細血管の造成作用を持ち合わせています。これによって毛根への血流量を大幅に増加させることができるため、強い発毛効果を生み出します。

 

髪の毛が成長するためにはより多くの栄養が必要で、その栄養を運んでいるのは血液なのでミノキシジルがどれだけAGA治療において重要かが伺えるというものです。

 

ただミノキシジルは副作用のリスクがそれなりに高いため慎重に使用しなくてはなりません。もともとは高血圧の薬なので血圧関連や心臓関連の病気を抱えている方はまず使用することはできません。用法・用量を守っていても、体質によっては頭痛や吐き気といった副作用が起こることもあります。

 

ですのでフィナステリドはもちろんですがミノキシジルは特に医師による処方から使用することが望ましいです。


ランキング画像
ランキング画像ゴリラクリニック

ゴリラクリニック

おすすめポイント

97%の発毛実感率で高い効果が期待できる!

メンズ脱毛も行っているので副作用で体毛が濃くなっても安心

忙しくても年中無休だから通いやすい


公式サイトへ

ランキング画像ヘアメディカル

ヘアメディカル画像

おすすめポイント

治療実績No.1!発毛医療のパイオニア的存在

医師・スタッフの対応が評判で安心して通える

投薬治療だけでなくメンタルケアなども実施


公式サイトへ

ランキング画像銀座ファインヘアAGAクリニック

銀座ファイン画像

おすすめポイント

カウンセリング前に医師による無料診察

完全個室なのでほぼ他の人と接触しない

なるべく低費用で済むAGA治療を提案


公式サイトへ


ランキング画像AGAスキンクリニック

AGAスキンクリニック画像

おすすめポイント

丁寧で的確な治療と明朗会計だから安心

AGAメソセラピーやクリニック独自の発毛治療薬などの治療方法を提供

全国に24カ所展開!万が一の引っ越しでも安心


公式サイトへ