AGAクリニックは基本的に保険適用外であり、費用は全額自己負担

AGAクリニックでの薄毛治療では、主にフィナステリド錠剤(プロペシア)やミノキシジルを処方し、これらを長期的に使用し続けることで改善を目指していきます。医薬品を用いているため、誰にでも一定の効果が期待でき、それだけにここ数年の間で一気にAGAクリニックに注目が集まっています。

 

しかし、まだまだ十分に普及しているとは言いがたく、疑問に思ってもたくさんあるでしょう。今回は数ある疑問の中から「保険」について紹介してみたいと思います。

 

薄毛治療は保険適用外

私たちは保険に加入していれば、病院での治療費は3割負担でOKです。なので、一度の通院で本来なら1万円のところが3000円で済みます。しかし、薄毛治療は保険適用外なので1万円丸々自己負担になってしまいます。上記したフィナステリドやミノキシジルといった薬はもちろん、診察や調剤、服薬指導に関する費用まで全て自己負担です。

 

と考えると、AGA治療が長引くほど個人にかかってくる負担は大きくなってしまいます。

 

なぜ保険適用外?

AGA治療は厚生労働省が定めている医療保険の適用範囲から外れています。これが保険適用外の理由です。このようなケースは他にもいくつかあって、AGAの治療だけでなく、レーシック、インプラント、ED治療も全て実費での負担となっています。

 

ニュアンスとしては命に直接関わる病気ではないと判断されるものは基本的に全額自己負担となる、と言った感じでしょうか。

 

ただ、AGAの世間的な知名度はどんどん高まってきており、今後もしかすると保険適用になってくる可能性は全くないとは言い切れません。とはいえ少なくとも現状は保険適用外です。

高額医療費控除は受けられる?

これに関しては少し難しい部分があります。薄毛治療というのはあくまでも「美容を目指した治療」になるので、医療費控除の対象にはなりません。例えば美容整形も同じことが言えます。

 

ただし、何か病気が原因でAGAが引き起こされてしまった、と言った特殊なケースなら高額医療費控除が受けられる場合もあるようです。ただ、ほとんどの場合は認められないのであまり期待はできません。

 

結局のところ医師の診断もそうなのですが、税務署、および税務署職員の判断次第な部分もあるので気になる方は問い合わせてみるのもいいかもしれません。申告しないことには控除を受けることは絶対にあり得ません。


ランキング画像
ランキング画像ゴリラクリニック

ゴリラクリニック

おすすめポイント

97%の発毛実感率で高い効果が期待できる!

メンズ脱毛も行っているので副作用で体毛が濃くなっても安心

忙しくても年中無休だから通いやすい


公式サイトへ

ランキング画像ヘアメディカル

ヘアメディカル画像

おすすめポイント

治療実績No.1!発毛医療のパイオニア的存在

医師・スタッフの対応が評判で安心して通える

投薬治療だけでなくメンタルケアなども実施


公式サイトへ

ランキング画像銀座ファインヘアAGAクリニック

銀座ファイン画像

おすすめポイント

カウンセリング前に医師による無料診察

完全個室なのでほぼ他の人と接触しない

なるべく低費用で済むAGA治療を提案


公式サイトへ


ランキング画像AGAスキンクリニック

AGAスキンクリニック画像

おすすめポイント

丁寧で的確な治療と明朗会計だから安心

AGAメソセラピーやクリニック独自の発毛治療薬などの治療方法を提供

全国に24カ所展開!万が一の引っ越しでも安心


公式サイトへ