AGA専門病院の方がより多くの治療方法が受けられる

AGA治療を受ける場合、病院で受診することになります。そこで選択肢として出てくるのが「AGA治療専門病院」と「一般病院(皮膚科や内科)」です。

 

どちらも共通していることは、プロペシアやミノキシジルといったAGA治療薬を処方している、という点。もちろんこれだけでも十分治療効果が期待できるのですが、専門クリニックの場合はより充実した治療が受けられるようになっています。

 

ということで今回は、AGA治療専門病院と一般病院の違いについて紹介していきます。

 

AGA治療専門病院と一般病院の違い

検査の違い

一般病院の場合は、一般的な検査を初回のみ行う、というケースがほとんどです。中には検査をすることなく、問診だけ終えたら後は薬を処方するだけ、というところもあります。

 

一方のAGA治療専門病院の場合は、一般的なAGA検査に加えて血液検査や頭皮の検査など幅広く行うことが多いです。また回数も初回はもちろん、決められたスパン(例えば3ヶ月おき、6ヶ月おきなど)で実施するケースが多いです。

 

通院頻度の違い

一般病院は1ヶ月に1度の通院のところもあれば、3ヶ月に1度、6ヶ月に1度と比較的長期スパンでの通院頻度を設けていることがほとんどです。

 

一方、AGA治療専門病院は、最低でも1ヶ月に1度、クリニックによっては2週間に1度のところもあるようです。

 

これには理由があって、経過観察や薬の効果判定を細かく刻んで状況を見極め、そのつど最適な施術を提供することが狙いにあるからです。

 

処方薬

一般病院ではプロペシアがメインとなり、これにミノキシジルが追加されることもあります。

 

AGA治療専門病院も基本は同じなのですが、これに加えて消炎剤やビタミンやミネラルをカクテルした、独自の育毛剤やサプリメントを処方するケースが多々あります。

 

診察

一般病院での診察は最低必要限に留めることが多いようです。例えば病歴や持病、薬のアレルギー、現在服用中の薬などの確認が主になります。

 

AGA治療専門病院もほぼ同様なのですが、かなり入念なカウンセリングが加わります。なので薄毛に関する不安や疑問もしっかりと解決できます。さらにクリニックによって頻度は変わりますが、薬効観察も頻繁に行われるので柔軟に対応してもらえるのもポイントです。

 

それぞれのメリット

【一般病院】

  • 費用が安価(9000円〜15000円くらい)
  • 通院頻度が少ない

 

【AGA治療専門病院】

  • 検査が多いので安心、安全で効果が期待できる
  • 独自のテクニックを採用することで多角的な育毛が目指せる
  • 経過観察に力を入れているため成果が分かりやすい

 

それぞれのデメリット

【一般病院】

  • 検査が少ない(状況を把握しづらい)
  • 診察が少ない(適切な処方がされているか不安)

 

【AGA治療専門病院】

  • 費用が高い
  • 通院頻度が高い(時間的負担)

ランキング画像
ランキング画像ゴリラクリニック

ゴリラクリニック

おすすめポイント

97%の発毛実感率で高い効果が期待できる!

メンズ脱毛も行っているので副作用で体毛が濃くなっても安心

忙しくても年中無休だから通いやすい


公式サイトへ

ランキング画像ヘアメディカル

ヘアメディカル画像

おすすめポイント

治療実績No.1!発毛医療のパイオニア的存在

医師・スタッフの対応が評判で安心して通える

投薬治療だけでなくメンタルケアなども実施


公式サイトへ

ランキング画像銀座ファインヘアAGAクリニック

銀座ファイン画像

おすすめポイント

カウンセリング前に医師による無料診察

完全個室なのでほぼ他の人と接触しない

なるべく低費用で済むAGA治療を提案


公式サイトへ


ランキング画像AGAスキンクリニック

AGAスキンクリニック画像

おすすめポイント

丁寧で的確な治療と明朗会計だから安心

AGAメソセラピーやクリニック独自の発毛治療薬などの治療方法を提供

全国に24カ所展開!万が一の引っ越しでも安心


公式サイトへ