AGAクリニックの費用や料金をしっかりと比較して安く抑えられるところを探すのも大事なポイント

AGAクリニックでの治療は自宅で育毛剤を使って対策をするよりもずっと薄毛改善効果が非常に高く、それなりに期待できるものです。テレビCMなどでも「AGAは病院で治せる」と宣伝されるようになり、これに伴って注目も集まっています。

 

そこで、やはり気になるのは費用や料金といったお金に関する部分になってくると思います。そこで今回はAGAクリニックでの費用・料金について紹介していきます。

 

治療内容で費用や金額は大きく変わる

現状のAGA治療は大きく分けると3種類が用いられています。そしてそれぞれ費用や金額が異なるため、どれを使うのか、あるいはどれとどれを組み合わせるのかによって金額が随分と変わってきます。

 

【医薬品】
AGAクリニックで最もポピュラーなのが医薬品による治療です。フィナステリド、ミノキシジルを処方し、これを服用し続けることでAGA治療を目指します。フィナステリド含有の薬「プロペシア」の相場は1ヶ月当たり7000円〜1万円くらいとなっていて、これにプラスして診察代などが必要となります。

 

なお、プロペシアのジェネリック品がいくつかあるので、これらの処方を希望すれば2000円〜5000円くらいまで費用を節約できる場合もあります。ただし全てのクリニックがジェネリック品に対応しているわけではないので確認しておきましょう。

 

ミノキシジルの費用は大体5000円〜7000円くらいになっていることが多いです。クリニックによってはフィナステリドとミノキシジルを同時に処方する場合もあるので、トータルで1回あたりの治療費が1万2000円〜1万5000円くらい必要になります。

 

【発毛注射】
主にAGA専門クリニックで用いられている治療方法です。ミノキシジルやフィナステリド、ビタミンやミネラル、プラセンタ、アミノ酸といった発毛に有効だといわれる成分を混ぜ合わせて、直接頭皮に注射します。

 

有効な成分がダイレクトに働くので非常に高い育毛効果が期待できるのが最大の特徴です。大体1回当たり3万円〜4万円くらいが相場でしょうか。

 

また最近ではこの発毛注射をさらに発展させた「HARG療法」も一般化してきました。より高い発毛効果が期待でき、副作用のリスクもほとんど無い、ということで大注目されている治療方法です。費用は割と高めで7万円〜9万円くらいになっていることが多いです。

 

【植毛】
クリニックによってかなり値段が違いますが、大体1本当たりの植毛費用に200円〜1000円くらいに設定されていることが多いようです。仮に1本200円だったとして、1000本植毛すれば20万円が必要となります。なお、ある程度AGAが進行している場合は3000本くらい植毛する必要があるらしいので、そう考えるとかなりの費用が必要になります。

 

AGA治療は保険適用外の自由診療

AGAは病気として認められているため病院で治療することができます。しかし、健康保険が適用できない治療…いわゆる自由診療にあたるので料金は全て自己負担になってしまいます。

 

というのが、薄毛治療は「美容整形」と同じ分類に含まれているからです。命に直接関わるような治療ではないため保険適用外となり、100%自己負担での支払いになっているわけですね。

 

ただ、医療控除が例外的に使える場合もあります。基本的には不可能ですが。例えば何か病気を引き起こして、その結果AGAが発症してしまった、といったケースだと医療費控除が使える場合があります。そういった場合は税務署からの認可が必要になるので多少手間はかかりますが、かなり費用を浮かせられます。

 

また1年間の間に家族全員のAGA治療費が10万円以上になった場合も税金分が返還されるケースもあります。このあたりについては最寄りの税務署に相談するのが確実です。

 

AGA治療費を安く抑えるためには?

上記した通りAGA治療は自由診療扱いになるので全て実費になります。個人差はあるもののAGA治療は1度受ければ終わり、というものではありません。ある程度の期間にわたって通院する必要があります。なので長引くほど経済的な負担が大きくなるわけですね。ということで少しでもAGA治療費を安く抑えるためのポイントをいくつか紹介していきます。

 

一番安いのは通販

結局のところフィナステリドやミノキシジルといったAGA治療薬を自分で購入できればそれが1番安く済みます。しかし国内ではこれらは販売されていません。ドラッグストアなどに足を運んでも絶対に手に入りません。

 

ではどこから購入するのかというと海外から個人輸入する、という形になります。いわゆる個人輸入代行業者を利用するケースですね。

 

ただし、完全に自己責任となるため万が一副作用が出てしまった場合のリスクが高すぎます。また類似品などのリスクもあるためあまりオススメはできません。

 

専門病院と一般病院で費用が違う

AGA治療をするにあたって、安全性や確実性を重要視する人と、費用効果を重要視する人にわかれると思います。その場合は専門病院と一般病院のどちらを選択するかが肝となります。

 

AGA専門クリニックの場合だと、当然AGA治療をメインとした設備や技術の提供が期待できるため、安全性・確実性がとても高くなります。一方、一般病院(皮膚科など)の場合はフィナステリドやミノキシジルなどの医薬品を取り扱ってはいるものの、診療方法や診療頻度などは控え目となります。安全性は期待できますが確実性においては専門クリニックよりは劣る印象です。

 

専門クリニックの場合1ヶ月あたりだいたい1万5000円〜ら3万円くらい、一般病院の場合は1万円から1万5000円くらいの費用・料金になることが多いようです。もちろん自由診療なので各クリニックごとで価格が自分と違ってきます。

 

それぞれのメリットとデメリットをまとめると次のようになります。

【専門病院】
まずメリットとしては入念な検査と診察、効果判定を行うため、薄毛治療効果にかなり期待が持てることです。AGAの治療での処方や使用する薬剤なども一人ひとりに適したものとなるのも大きな強みの1つです。

 

ただしデメリットとして費用が高くつきやすいこと、通院頻度が週に1回、2週間に1回と割と高めに設定されていることが多いので時間的な余裕がある程度必要なことも挙げられます。ただ、頻度が高いということはそれだけ細かく治療方針を修正しやすいため結果的に治療効果が高まることになります。

【一般病院】
決められた薬を処方するだけなので費用を安く済ませられるのが最大のメリットだと言えます。またほとんどは1ヶ月に1回、3ヶ月に1回といった通院頻度になるので時間的な余裕が作りやすいのもメリットと言えそうです。

 

ただ、専門病院と比べて細やかな検査や効果判定がないので最善の処方が受けられるかは微妙なところです。

 

結局どれがベスト?

AGA治療の費用や料金だけ見れば一般病院が最もコスパに優れているとは思います。しかし、より高い発毛効果を期待するならAGA専門クリニックになります。

 

個人輸入に関して言えばあまりオススメはできません。もちろん1回あたりの費用はかなり安く抑えられるのですが、効果がなかなか見られなかったり、薬の組み合わせを変えたいけれどどうしていいか分らない、といったリスクがあります。そうなると最終的に病院に行った時の方が安くついた、というケースは割と珍しくありません。

 

なのでベストな選択としては、AGA専門クリニックで確実な育毛効果を期待しつつ、できればジェネリック品に対応している病院を選ぶのが安く済ませやすいのではないでしょうか。最近では返金保証に対応しているクリニックも増えているので、不安な方はこういった病院を選ぶのも良い選択だと言えそうです。


ランキング画像
ランキング画像ゴリラクリニック

ゴリラクリニック

おすすめポイント

97%の発毛実感率で高い効果が期待できる!

メンズ脱毛も行っているので副作用で体毛が濃くなっても安心

忙しくても年中無休だから通いやすい


公式サイトへ

ランキング画像ヘアメディカル

ヘアメディカル画像

おすすめポイント

治療実績No.1!発毛医療のパイオニア的存在

医師・スタッフの対応が評判で安心して通える

投薬治療だけでなくメンタルケアなども実施


公式サイトへ

ランキング画像銀座ファインヘアAGAクリニック

銀座ファイン画像

おすすめポイント

カウンセリング前に医師による無料診察

完全個室なのでほぼ他の人と接触しない

なるべく低費用で済むAGA治療を提案


公式サイトへ


ランキング画像AGAスキンクリニック

AGAスキンクリニック画像

おすすめポイント

丁寧で的確な治療と明朗会計だから安心

AGAメソセラピーやクリニック独自の発毛治療薬などの治療方法を提供

全国に24カ所展開!万が一の引っ越しでも安心


公式サイトへ