AGAクリニックは薬の処方など医療行為が認められているが、育毛サロンは薬を使うことはできない

薄毛の悩みを解決するために育毛剤を使っていた。けれど全く効果が無かったので専門機関を利用しようと検討中。そんな方の選択候補としてAGAクリニック、育毛サロンが出てくると思います。そして、クリニックと育毛サロンの明確な違いが良く分からない、という声を耳にする機会が多いので今回は両者の違いについて解説してみたいと思います。

 

最大の違いは「医療行為」の有無

結論を先に述べると、AGAクリニックでは医療行為が認められています。病院なので当たり前ですね。一方の育毛サロンは医療行為は認められていません。これがクリニックと育毛サロンの最大の違いであり、両者が明確に分けられているポイントとなっています。

 

ここでいう医療行為、というのは主に薬の処方となってきます。AGAクリニックの場合世界的にも高く評価されているプロペシアやミノキシジルと言った医薬品を処方することができます。

 

しかし育毛サロンはこれらを処方することが認められていません。あくまでも「スカルプケア」をメインとした技術を提供しています。

 

時代はAGAクリニックに傾いている

どちらがより高い効果が期待できるのか、と言えばAGAクリニックの方が期待度は高いです。もちろん医療行為にあたるAGAクリニックの方が薄毛治療効果が高いのは当然のこと。

 

それでも育毛サロンが人気を集めているのには理由があります。例えば頭皮の洗浄だったり、効果的な育毛剤を提供していたり、人工毛植毛ができたり…というのは育毛サロンの得意分野です。

 

しかしここ数年の間で、育毛サロンの人気に陰りが見えてきたように思います。というのが、病院でAGAの治療をするのが一般化したのはここ数年の間の話だからです。それ以前までは市販されている育毛剤だったり、育毛サロンでスカルプケアをするくらいしか対処方法がありませんでした。その流れを引き継いでいる人が今でも育毛サロンに通っている、という感じでしょうか。

 

もちろん金銭的に余裕のある人なら、AGAクリニックと育毛サロンの両方に通っている方もいます。確かにそれぞれの良いところが享受できるわけですので育毛効果は高いでしょう。

 

ということで、薄毛治療に観点を当てると、優先するべきはAGAクリニックであり、育毛サロンはあくまでも頭皮環境を整えることに主眼を置いている、と理解しましょう。


ランキング画像
ランキング画像ゴリラクリニック

ゴリラクリニック

おすすめポイント

97%の発毛実感率で高い効果が期待できる!

メンズ脱毛も行っているので副作用で体毛が濃くなっても安心

忙しくても年中無休だから通いやすい


公式サイトへ

ランキング画像ヘアメディカル

ヘアメディカル画像

おすすめポイント

治療実績No.1!発毛医療のパイオニア的存在

医師・スタッフの対応が評判で安心して通える

投薬治療だけでなくメンタルケアなども実施


公式サイトへ

ランキング画像銀座ファインヘアAGAクリニック

銀座ファイン画像

おすすめポイント

カウンセリング前に医師による無料診察

完全個室なのでほぼ他の人と接触しない

なるべく低費用で済むAGA治療を提案


公式サイトへ


ランキング画像AGAスキンクリニック

AGAスキンクリニック画像

おすすめポイント

丁寧で的確な治療と明朗会計だから安心

AGAメソセラピーやクリニック独自の発毛治療薬などの治療方法を提供

全国に24カ所展開!万が一の引っ越しでも安心


公式サイトへ