AGAセルフチェックは簡単なのに的中率が高い!

AGAはここ数年の間で一般に認知されるようになった、男性特有の脱毛症です。テレビCMや雑誌などでも目にする機会が増え、これがきっかけで「もしかして自分はAGAなのでは?」と思う人が増えてきたわけですね。

 

といっても、本当に自身がAGAかを正確に判断するのは難しいものです。ということで今回は、AGAのセルフチェックの方法について紹介していきます。

 

AGAセルフチェック7つの項目

それではセルフチェック項目を紹介していきます。当てはまる点数が多いほど、AGAの可能性が高いです。

 

  • 家族に薄毛の人がいる
  • 以前よりも抜け毛の量が増えた(気になるようになった)
  • 髪が細く短くなった
  • 思春期以前は髪の悩みは無かった
  • 薄毛が進行している
  • 生え際の薄毛が気になる
  • 頭頂部の薄毛が気になる

 

セルフチェック項目の簡単な解説

それでは次は各項目の簡単な解説を紹介していきます。

 

家族に薄毛の人がいる(重要度:高)

AGAは遺伝的な要素が非常に高いということが分かっています。自身の父親がそうでなくても、父方、あるいは母方のおじいちゃんが薄毛なら遺伝する可能性があります。

 

以前よりも抜け毛の量が増えた(重要度:中)

例えばストレスや生活習慣の変化が理由で一時的に抜け毛の量が増えることはあります。しかし心当たりが無いにも関わらず増えたと感じるならAGAの可能性が高まります。

 

髪が細く短くなった(重要度:高)

AGAはヘアサイクルが乱れ、髪の成長期が極端に短くなります。なので、髪が十分に成長できません。その結果、細く、短い髪までしか成長できません。

 

思春期以前は髪の悩みは無かった(重要度:低)

ほとんどの人はその通りだと思います。思春期以前から薄毛に悩んでいたなら、AGA以外の脱毛症の可能性の方が高いです。

 

薄毛が進行している(重要度:中)

AGAだけでなく、ほとんどの脱毛症は適切な対処を取らなければ進行してしまいます。しかしAGAはゆるやかに、そして確かに症状が進み、自然に止まることはありません。

 

生え際の薄毛が気になる、頭頂部の薄毛が気になる(重要度:高)

いずれも典型的なAGAのパターンになります。それぞれM字ハゲ、O字ハゲと呼ばれたりもしています。これはAGAの原因であるDHTがおでこと頭頂部に集中しやすいため、このようなパターンが生まれるからです。

 

専門機関で検査するのもオススメ

今回はセルフチェックなので確実なことは分かりません。もちろん、精度は決して低くはありませんが。

 

もしもより確実なAGAチェックを考えているなら、専門機関を使った検査を検討してみてはいかがでしょうか。ヘアクリニックで受けられます。また最近では検査キットを取り寄せてサンプルを送るタイプのものもあります。かなり精度が高いですし、ひとりひとりのパターンから最適なAGA治療法も提案してくれます。


ランキング画像
ランキング画像ゴリラクリニック

ゴリラクリニック

おすすめポイント

97%の発毛実感率で高い効果が期待できる!

メンズ脱毛も行っているので副作用で体毛が濃くなっても安心

忙しくても年中無休だから通いやすい


公式サイトへ

ランキング画像ヘアメディカル

ヘアメディカル画像

おすすめポイント

治療実績No.1!発毛医療のパイオニア的存在

医師・スタッフの対応が評判で安心して通える

投薬治療だけでなくメンタルケアなども実施


公式サイトへ

ランキング画像銀座ファインヘアAGAクリニック

銀座ファイン画像

おすすめポイント

カウンセリング前に医師による無料診察

完全個室なのでほぼ他の人と接触しない

なるべく低費用で済むAGA治療を提案


公式サイトへ


ランキング画像AGAスキンクリニック

AGAスキンクリニック画像

おすすめポイント

丁寧で的確な治療と明朗会計だから安心

AGAメソセラピーやクリニック独自の発毛治療薬などの治療方法を提供

全国に24カ所展開!万が一の引っ越しでも安心


公式サイトへ