AGAの原因は男性ホルモンにあった

AGAに悩む人は全国で1260万人もいる、と言われています。典型的なパターンは前頭部の生え際から後退していく、頭頂部のボリュームが低下して地肌が見えてくる…といったものが挙げられます。

 

典型的な症状としては…

  • 抜け毛が増えた
  • 毛が細くなる
  • 髪の毛の伸びが悪い
  • 地肌が透けるようになった
  • 髪型のセットが決まらない
  • すぐに脂っぽくなる
  • 髪の毛の不安が尽きない

 

といったものが挙げられます。どれかひとつだけ、というケースもあれば複数、あるいはすべて当てはまる場合もあるでしょう。

 

このように、AGAは男性にとって悩みの種以外の何者でもありません。ということでまずは何が原因となってAGAが引き起こされているのか、そしてその原因にどのような対処を心がけるべきなのかをチェックしていきましょう。

 

AGAの原因

現在AGAの原因として最も有力なのは「男性ホルモン」によって引き起こされている、という説です。もちろん、多種多様な研究がたくさん行われており、まず間違いなく男性ホルモンが関与していることが証明されています。

 

よく昔から「ハゲは遺伝する」といわれてきました。これもまた間違いのないことだとされています。

 

というのが、遺伝によって男性ホルモンの分泌量だったり、受容感度が引き継がれるケースが多いからです。なので、家系にAGAの症状が見られる場合はハゲる可能性が高いと言えます。

 

ただ、ハゲは遺伝性のものだけではありません。もちろん他にも様々な要素が関係してきます。

 

男性ホルモンによる影響

AGAの主な原因物質は「ジヒドロテストステロン(DHT)」です。

 

AGAの症状に悩まされている人の頭皮を検査したところ、脱毛が起こっている部分に高濃度のDHTが確認されていることから証明されました。

 

このDHTは「テストステロン(TS)」という男性ホルモンと「5α-リダクターゼ」という酵素が結びつくことによって生成されています。

 

ちなみにTSは男性を男性らしい体つきにするために必要なホルモンで、体毛を濃くする働きも持っています。つまり、髪の毛を太く、丈夫にする効果があるわけです。

 

しかし5α-リダクターゼと結合することでDHTが生成されてしまいます。なので「男性ホルモンが悪い」というよりは5α-リダクターゼによってDHTが作られてしまうことが問題なわけです。

 

DHTは毛乳頭細胞に存在している「男性ホルモン受容体」と結合すると、ヘアサイクルを乱すことが分かっています。その結果、成長期が極端に短くなってしまい、髪の毛が太く、長くなる前に抜けてしまう、というわけです。DHTのおかげで髪の毛が細く、短くなるので薄毛が目立つようになり、最終的にハゲる…という事態が引き起こされます。

 

ストレスの影響

AGAの原因のひとつとして考えられているのが「ストレス」です。仕事や家庭、人間関係からお金に関することまで悩みは実に様々。私たちは常にストレスと上手に付き合って生きることを強要されています。なので、完全なストレスフリーな状態を目指すのは実質不可能です。

 

ストレスは悪いものという共通認識がありますが、少なすぎるのも問題です。しかし自分の許容量を超えれば自律神経の乱れを引き起こし、そこから色々なトラブルが生じるようになります。

 

具体的には、血液の流れが悪くなる、内臓機能が低下する…といったものが挙げられます。髪の毛の成長に必要な栄養を作るのは内臓の仕事ですし、それを毛根まで運搬するのは血液の役割。また不眠による成長ホルモンの分泌量が低下するのも問題です。

 

さらに最近の研究で分かったことがあります。それはストレスによってコラーゲンが不足しやすくなってしまい、これが基となって髪の毛の元になる毛母細胞の分裂が抑制される…というものです。毛母細胞が細胞分裂を繰り返すことで髪の毛が長く、太くなるので薄毛に直接的な原因になります。

 

適度な運動やストレッチは血行が良くなるし、ストレスの発散にも効果的なので意識的に取り入れるのが理想的です。

 

食事や生活習慣

AGAの治療効果を高めるためには、頭皮の健康はもちろんですが、身体そのものの健康も必要不可欠となってきます。もしもAGA治療薬を服用していたとしても、薬の効果が発揮できないような健康状態なら意味が無くなってしまいます。

 

例えば病気や無理なダイエットが原因になって薄毛や抜け毛が起こります。自身では特に問題がないと思っているような食事や生活習慣だとしても、実は「隠れ栄養失調」が起こっていることは近年の社会問題として取り上げれています。

 

ということで、次のような食習慣や生活習慣が当てはまる人は注意しておきます。

 

  • 偏った食生活

ビタミンやミネラルといった健康に不可欠な栄養素は特に不足しがちです。なのでバランスの良い食生活を心がける必要があります。外食や弁当などで食事を済ませる習慣のある人、食事の時間や回数がバラバラな人は要注意です。

 

  • 過度な飲酒

適度なアルコールはストレス発散や血行促進効果が期待できますが、過度な飲酒は問題です。アルコールを分解するためにはビタミンやミネラルを消費しなくてはならず、慢性的な飲酒習慣があるなら常に不足している状態にあるかもしれません。

 

  • 喫煙習慣

ニコチンは血管を収縮させる作用を持っています。これによって頭皮の血流が悪化してしまいます。

 

  • 運動不足

運動が全身の血行を良くしてくれるのは周知の通りです。そして現代ほど運動習慣が減っている時代はありません。

 

  • 睡眠不足

髪の毛の成長に必要な成長ホルモンは睡眠中に分泌されています。もちろん寝ている間、ずっと分泌され続けるわけではありませんが、睡眠時間に比例して増えるのは間違いありません。最低でも5時間、できれば7時間くらいは寝たほうが良いでしょう。


ランキング画像
ランキング画像ゴリラクリニック

ゴリラクリニック

おすすめポイント

97%の発毛実感率で高い効果が期待できる!

メンズ脱毛も行っているので副作用で体毛が濃くなっても安心

忙しくても年中無休だから通いやすい


公式サイトへ

ランキング画像ヘアメディカル

ヘアメディカル画像

おすすめポイント

治療実績No.1!発毛医療のパイオニア的存在

医師・スタッフの対応が評判で安心して通える

投薬治療だけでなくメンタルケアなども実施


公式サイトへ

ランキング画像銀座ファインヘアAGAクリニック

銀座ファイン画像

おすすめポイント

カウンセリング前に医師による無料診察

完全個室なのでほぼ他の人と接触しない

なるべく低費用で済むAGA治療を提案


公式サイトへ


ランキング画像AGAスキンクリニック

AGAスキンクリニック画像

おすすめポイント

丁寧で的確な治療と明朗会計だから安心

AGAメソセラピーやクリニック独自の発毛治療薬などの治療方法を提供

全国に24カ所展開!万が一の引っ越しでも安心


公式サイトへ